青汁×乳酸菌!乳酸菌の凄い働きや青汁に配合することのメリットとは


みなさんは、乳酸菌が入った青汁があることをご存知ですか?青汁は健康に良いですが、乳酸菌もまた、体内で素晴らしい働きをするのです。

「乳酸菌の働きを知りたい」
「青汁とタッグを組むとどういうメリットがあるのか知りたい」

そのような方も多いのではないでしょうか?そこで当記事では乳酸菌の働きと、それを青汁と組み合わせることのメリットをご紹介したいと思います。

乳酸菌の働きとは?

青汁と乳酸菌

腸の蠕動運動を促します

乳酸菌やビフィズス菌などの「善玉菌」は、「有機酸(乳酸や酢酸)」を作り出します。

腸内には善玉菌と悪玉菌が存在しますが、前者が優勢になると、その有機酸によって腸内は弱酸性に保たれ、腸の蠕動運動が促されます。

蠕動運動が促されるということは、つまり便の排出が正常に行われやすくなるということです。

便秘気味の人は乳酸菌やビフィズス菌を摂るようにすると、症状が改善するかもしれません。

免疫力アップに繋がります

腸内環境の良し悪しは、体調の良不良に大きく影響します。人間の体の免疫細胞の実に60~70%が腸に存在しているからです。

つまり免疫力を高め、体を健康に保つには、腸内環境を良くすることが重要なわけですね。では乳酸菌は、どのような形で免疫力に関与するのでしょうか。

腸内には「絨毛」と呼ばれる小さな突起物がびっしりと生えています。

この絨毛の間にはバイエル板という異物感知センサーが備わっており、何か体に害をなすものを感知すると、リンパ球が分泌され、それを体外へ排出してくれます。

乳酸菌などの善玉菌を摂ることにより、このバイエル板の働きが活発化し、ウィルスや細菌に対する抵抗力が高まるのです。

アレルギーの予防や症状改善にも

アレルギーは、ヘルパーT細胞「Th1」と「Th2」のうち、後者の働きが過剰になることで引き起こされます。

腸内で悪玉菌が優勢であった場合、Th2が過剰反応し、アレルギーになりやすいのです。アレルギー問題における善玉菌の重要性については、フィンランドの大学で行われたLGC菌の実験が参考になりますので、興味のある方は調べてみてください。

では具体的に、乳酸菌によってどのようなアレルギーを予防、改善できるのかというと、たとえばアトピー性皮膚炎や花粉症などです。

アレルギーが発現する原理は、どのアレルギーにおいても基本的に同じですから、乳酸菌などの善玉菌を摂取することにより、あらゆるアレルギーの症状を予防、改善できると考えられます。

ただしひとくちに乳酸菌といっても様々な種類がありますので、自分の持つアレルギーに「効く(ことに期待できる)」乳酸菌を摂取することが重要です。

たとえばアトピー性皮膚炎であれば、クレモリスFC株、GCL1176株、KW3110株、LGC菌、L-55株、L92株、LKM512株が有効ですね。

青汁に配合することのメリットは?

便秘解消に効果的です

青汁に乳酸菌を投入すると、その相乗効果によって健康増進効果が向上するということは、ありません。

最近では乳酸菌ばかりでなく、酵素やコラーゲンの配合された青汁もありますが、そのメリットは単に必要な成分を「いっぺんに摂れる」ということでしょう。

乳酸菌入りの青汁についても、いっぺんに摂れることがそのメリットだといえますが、この二つが便秘解消に効果的であることには注目です。

乳酸菌には、先述のように、腸の蠕動運動を促す働きがあります。

また、青汁には便秘解消に必要な「食物繊維」が含まれており、粉末を水に溶かして飲む――一緒に水分を摂ることで、食物繊維の「水を吸って膨張し、便をかさ増しし、蠕動運動を促す」という働きが正常に行われるようになります。不溶性食物繊維は水分と一緒に摂らないと、かえって便秘の原因となってしまうのです。

以上のことから、乳酸菌入りの青汁は、免疫力を高めたり、便秘を解消したりするのに適しているといえます。

特に便秘解消には高い効果を期待できるでしょう。「最近出ないな」と思ったら、乳酸菌入りの青汁を始めてみてはいかがでしょうか。

フルーツ青汁特集